妊娠線ができてかゆい!改善するベストな方法は?

妊娠線ができてかゆい!改善するベストな方法は?

 

妊娠は自分の体の中で子供を育てるという、女性の一大イベントですよね。

 

日々大きくなっていくお腹を見ると嬉しくなりますが、女性にはあまりうれしくない変化も起こります。

 

それが「妊娠線」や「妊娠線に伴うかゆみ」です。

 

妊娠中のかゆみに悩む女性は多く、妊娠線が出来る前に痒くなったという声が挙げられます。

 

10か月の間に子供を育てて生むわけですから、女性の体に異変が起きるのも仕方がないことですけどかゆいのを我慢するのも大変ですよね。

 

かゆみは妊娠線ができる前触れ?妊娠中に痒くなる原因は?

 
男性ホルモンが減少する

 

もともと女性の体に存在する男性ホルモンの量は多くありませんが、妊娠するとさらに少なくなるといわれています。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進する役割があるので、妊娠中は肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

肌が乾燥すると肌のバリア機能が壊れしまい小さな刺激にも肌が敏感に反応してしまうため、痒みを感じやすくなります。

 

エストロゲンが増加する

 

妊娠中は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの濃度が、妊娠前の何十倍にもなります。

 

エストロゲンは肝臓で分解され、胆汁と一緒に体の外に排出されますが、エストロゲンの量が多くなると肝機能が低下し、胆汁の排出が滞りがちになります。

 

すると胆汁の主成分である胆汁酸が体の中をめぐってしまい、皮膚の神経を刺激して痒みを感じやすくなるのです。

 

コルチコステロイド(副腎皮質ホルモン)が増加する

 

コルチコステロイドはストレスを感じた時に分泌されるホルモンですが、妊娠中もたくさん分泌されます。

 

コルチコステロイドは皮膚を薄く、硬くする作用があるために肌の柔軟性が失われ、ターンオーバーも乱れがちになります。すると、肌は少しの刺激に対しても反応してしまい、痒みを伴いやすくなるのです。

 

妊娠中はホルモンバランスの変化で体がかゆみを感じやすい状況です。

 

そこで体を掻いてしまうと、表皮の奥の真皮や皮下組織にダメージを与えてしまい、妊娠線が現れやすくなってしまいます。

 

妊娠線を作らないためには、我慢できない痒みになる前に対策を打つことが大切です。

 

妊娠中のかゆみを改善する方法

 
体を締め付けない下着や服を選ぶ

 

体を締め付けると、皮膚に刺激を与えるだけではなく全身の血流が悪くなり赤ちゃんにも良くありません。

 

おなかが大きくなり出したらマタニティ用の服に変える、妊娠前に使っていた下着より大きめの下着をつけるなど体に負担がかからない服装を着るようにしましょう!

 

低刺激のボディソープやシャンプー・コンディショナーを選ぶ

 

ボディソープなどに含まれる化学物質は、敏感になった肌には刺激になることがあります。

 

妊娠前は大丈夫だったとしても、妊娠中は低刺激のものやオーガニック素材のものに買える方がいいです。

 

低刺激の洗剤使う、衣類に洗剤が残らないようにする洗剤に含まれる化学物質も、肌には刺激になります。

 

洗濯後の衣類には意外と洗剤が残っているので、一日中身に着けていると肌に刺激を与えてしまいます。

 

低刺激の洗剤を使ったり、衣類に洗剤が残らないようにすすぎを2回にするなどの工夫をしましょう。

 

お風呂のお湯はぬるめにする

 

熱いお湯はそれだけで刺激になりますから乾燥肌を悪化させる原因にもなります。

 

38〜40度くらいのぬるめのお湯につかるようにしましょう。

 

きちんと保湿する

 

肌が乾燥すると肌のバリア機能が壊れて、刺激がどんどん肌に伝わってしまいます。

 

肌を保湿して肌のバリア機能を保つことで、刺激に強い肌を作ることができます。

 

妊娠線の予防になるので、目に見えない下腹部や背中、おしりや太ももまでケアできると理想的ですね。

 

「かゆみが改善しない」、「どうしても我慢できない」という時は、市販の薬ではなく、できるだけ産婦人科や皮膚科に相談するようにしましょう。

 

妊婦さんでも安心して使える薬を処方してもらえますよ。